食べ歩きして見つけた美味しいパン屋さん【 3 】 埼玉・東京編

柏木

食パンバカ柏木が食べ歩きをして見つけた県外の美味しいパン屋さんをご紹介します。

 

第3弾は埼玉県、東京都。

激戦区、関東まで足を延ばして訪ねた美味しいパン屋さんを2店舗ご紹介いたします。

 

天然酵母パン サンセリテ(埼玉県狭山市)のご紹介

http://www.panya3.com/

  • 所在地:埼玉県狭山市狭山台3丁目11-2 [MAP]
  • 電話番号:042-957-8934
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:水曜日

※2022/3/28時点の情報です。

 

最近テレビにもよく出ている人気店です。もうオーナーは店に出ておらず、講師業に専念しているそう。

 

1日500斤以上売れているという看板商品「天熟食パン」を頂いてみましたよ。これまで頂いた食パンの中で柏木は最も気に入りました。

柏木をうならせた食パンは、お客様にも高評価。

 

サンセリテさんのお客様の声

5.0

ここの食パンを食べたら、他のは食べられません。近くだったら頻繁に通うこと間違いなしです。

5.0

とにかく食パン食パンが珠玉!都内有名店にも負けない極上の食パンです!

5.0

食パンは予約しないと買えないほど人気。香り、甘み、ホワホワの食感が楽しめるので、ぜひ予約してご購入することをおすすめします。

5.0

食パンを残りひとつで買うことができました。袋を開けて顔を近づけると素晴らしい香り。トーストすると、しっとりもっちりの食感で美味。耳もおいしくいただきました。バターも要らないかな。

5.0

初めて食パンを買って食べたときは衝撃でした。あれからもう3年。毎週食パンを買っています。確実に欲しい方は電話注文をオススメします。

 

何を隠そう、小麦庵®で一番の人気商品「天然酵母美味しい食パン」は、サンセリテさんの「天熟食パン」にヒントを得て作り上げたものなんですよ。

ぜひ一度、「天熟食パン」を食べてみてください。売切れが懸念されるので予約してくださいね。

 

柏木

うちの「天然酵母美味しい食パン」もよろしゅうに。

 

ベッカライブロートハイム(東京世田谷区)のご紹介


https://www.instagram.com/brotheim1987/

  • 所在地:東京都世田谷区弦巻4丁目1-17 [MAP]
  • 電話番号:03-3439-9983
  • 営業時間:7:30~19:30
  • 定休日:月・第1火曜日

※2022/3/28時点の情報です。

 

ベッカライブロートハイムさんのお客様の声

5.0

ドイツ系パンのお店。ブロートなどドイツパンに限らず、カンパーニュなども扱っている。
この手のハードパンに関しては世田谷区内ではまず1番のお店だと思う。値段も適正で、味も抜群。ハード系パン好きにはものすごくイチオシ。

近くにあったら相当通うのに…

5.0

地元の人に愛される、真面目に美味しいドイツパン屋さん。ふらっと訪れると、ちょっと違う味のハード系パンがあります。
私はいつも、マカダミアンナッツ入りを一つと、他のパンを楽しみます。
イギリス食パンも、ぜひ一度食べてほしい味。でも私が買えなくなると困る・・・。

結構休みが多めなので、あらかじめ調べてから出かけてください。

昔はレストランスペースがありランチしてました。またやってほしいなぁ。


 

全国のパン屋さんに顔が利くパン業界の重鎮、明石克彦さんのお店です。

「ベッカライ」はドイツ語で「パン屋さん」、「ブロート」は「パン」、「ハイム」は「家」とか「ふるさと」の意味です。

「パンは『作る』ものではなく『育てる』もの」とおっしゃる明石克彦さん。ぜひ読んでみてください。

明石克彦さんインタビュー記事

 

フランスパンが秀逸でした。

表面のパリッとした食感と、中のモッチリ感。風味と歯切れのよさ。そして口どけのよさ。完璧なバランス。

これまで数多のパン屋さんを訪ね、さまざまなパンを頂いてきました。その中で柏木を最も感動させたのが、ベッカライブロートハイムさんのフランスパンです。

お立ち寄りの際は、ぜひ柏木イチオシのフランスパンを。

 

柏木が美味しいパン屋さんを食べ歩くご紹介シリーズ

ぜひお読みください。そしてぜひ一度訪ねてみてくださいね。

 

柏木

第1弾は岡山県のリエゾンです。

https://komugian.co.jp/bakeries-1-okayamakobo-liaison/

 

柏木

第2弾は関西3店舗。

https://komugian.co.jp/bakeries-2/

 

 

小麦庵®の食パンが五つ星ひょうごに2年連続認定されました。こちらもぜひ読んでみてください!

この記事を書いた人

ことり